FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひたすらこなたにくすぐられるSS

お前は何をやってるの・・・?

そう思ってる人が多数でしょうwww

お詫びも込めてSS書きましたw

許して;;

くすぐられるのは読者である貴方です!
M向けのSSですw
こなたにくすぐられたい方どうぞ~

===( ・x・)←ポポイ

題名予定
こなこちょ こなたとらぶらぶでこちょこちょ

「やった~!」
画面に今行った対戦型ゲームの結果。
もちろん勝利の声を上げるのはあなたの隣にいる女の子。
「んふふ~私に勝とうなんて100年早いよ!」
(=ω=)v、とピースサインをするのは泉こなた。
今日あなたはたまたまコンビニであった彼女に「今誰もいないから暇でさ~一緒にゲームでもしない?」と誘われたのだ。
ちょうど何も予定が無いあなたはそれもいいか、と思い彼女の家で遊んでいるのが現状だ。
「さ~てさてさて・・・」
そういいながら彼女は三枚のカードを取り出す。
「ふふ~さあ選んでよ、約束の罰ゲーム!」
こなたは楽しそうにカードを広げます。
最初はただ普通にゲームをしているだけだったけどそれにも飽きてきたこなたが「んじゃあ罰ゲームでもつけよー!」と言い出したのだ。
普通にやっては熟練ゲーマのこなたには勝てないと言うと「それじゃあ君が選んだゲームで!」と言い結局それに負けて今に至る。
「ふふふ~何を引くかな~?」
と、こなたがニヤニヤします。
罰ゲームの内容はそれぞれ三枚のカードで決めており今回はこなたが勝ったので彼女が決めた罰ゲームをあなたが選びます。
「お~それか~」
たっぷり悩んであなたが引いたカードにはこう書かれていました・・・
こちょこちょ(は~と)
それを見たあなたは少し寒気がします。
あなたはくすぐられるのに弱いからです。
「他には肩もみと腕立て100回だけど・・・まいいか。」
なんとかそれに代えられないか?と提案してみますが・・・
「え~ちゃんとルールだからダメだよー・・・・あ、それとも~君って・・・」
そういいながらこなたはこちょこちょ、と軽くあなたをくすぐります。
突然の事な上にくすぐられるのが弱いあなたは素っ頓狂な声を上げます。
「やっぱり~くすぐられるの弱いんだ~それだとちょっとかわいそうだから・・・」
もしかしてやめてくれるのか!?とあなたが言うと・・・
「だが断る!!」
彼女は意地悪でした。


「んふふ~・・・」
こなたが意地悪そうに笑います。
今あなたはこなたのベットに寝っころがっています。
両手を万歳のようにあげてその腕はベットの上にタオルで縛られています。
足は開いた状態で、こちらも片方ずつ動けないようにタオルで縛られています。
「さてさてさて~・・・どこをくすぐっちゃおうかな~?」
こなたは楽しそうに笑います・・・
なんでこんな拘束をするかと言うと暴れられるとお互い怪我するかも、と言うのが理由です。
「・・・・・こちょこちょこちょこちょこちょこちょ~」
こなたはわきわきと指を動かしながらあなたをくすぐってきます。
それはある程度予測できた場所なのであなたはなんとか耐える事ができます。
「ん~?ここはあんまりくすぐったくないのかな?」
くすぐったく無い訳ではありませんがあの場所に比べたらまだ耐える事が出来るレベルでした。
「じゃ~ここはどうかな?こちょこちょこちょこちょこちょ~」
こなたが急にくすぐる場所を変えます。
そこはあなたのもっともくすぐったい場所でその場所をくすぐられた途端あなたは思いっきり笑い出してしまいます。
「お?ここがくすぐったいのか~ほらほら~こちょこちょこちょこちょ~」
耐える事の出来ないくすぐったさがあなたを襲います。
こなたはくすぐりに悶えるあなたを見てニヤニヤと笑います。
「んふふ~くすぐられてる君ってかわいい~ほ~れほれほれ~」
こなたはさらに指の動きを早くします。
そしてくすぐり方もそこをくすぐるのに適したくすぐり方に変えます。
こなたの小さな指があなたの体をこちょこちょとくすぐります。
「君がかわいいからかな?なんかくすぐるのってたのしい・・・ふふふ・・・」
こなたが段々と妖しい声を出し始める。
「そろそろこことかもくすぐっちゃうよ~?ほ~らこちょこちょこちょこちょ~ふふふ・・・」
そういいながらこなたはまた別の場所をくすぐり始めます。
先ほどよりはくすぐったくないのにこなたのくすぐり方が上手いのかあなたは笑い悶えてしまいます。
「こちょこちょこちょこちょ~うわ~びくびくってしてるよ~?笑い声も可愛いし・・・もっとも~っとこちょこちょしちゃうよ~?ほ~ら・・・」
こなたが囁くような甘ったるい声でくすぐってきます。
片方の手は先ほどのあなたの弱いところを責めてきます。
先ほどよりも何故かくすぐったく感じるこなたの責め・・・
甘く囁く声があなたのくすぐったさを増大させます・・・
「ふふふ・・・君の事・・・好きになっちゃうかも・・・こぉんなに可愛い顔で笑い悶えるんだもん・・・さ~て・・・次は・・・ん?」

割愛 続きの見たい方はピーという発信音の後に「あっぷぷぷえぷえ!」とお入れください・・・

ピー


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あっぷぷぷえぷえ!←
プロフィール

ポポイ

Author:ポポイ
詩世「この作者はフラグを全部回収できるんでしょうか?」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来たお方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。